【幡ヶ谷】名店「龍口酒家チャイナハウス」の滋味深い中華がおススメなり

「龍口酒家(ロンコウチュウチャ)チャイナハウス」

笹塚のお隣り、京王新線幡ヶ谷駅に直結した地下街(というほどでもないような…)ゴールデンセンターにある中華の名店。
独特の店構えにマスターの風貌からちょっと近寄り難い雰囲気だったのが、何年か前に拡張リニューアルして随分と入りやすくなりました。
お昼は、お得なランチセットが880円、麺セットと半麺セットが980円。
他にちょっとリッチなプチコースメニューと単品メニューもあります。
まあ、ここまで聞けば普通の中華屋さんですが、こちらのお店は調味料の多くが自家製で化学調味料を使用していません。
別に無化調を声高に強調しているのではなく、非常にあっさりとした滋味深いお味となっています。
そして、何といっても脂っこくなくて、どの料理にもニンニクを使用していません。
ハイ、毎度のことですが、ワタクシ、ニンニクが…。
イヤ、食べるのは大丈夫なんですが、マア、胃腸も平気なんですが、翌日の自分の匂いで気持ち悪く….。
ということで、かなりのあっさり中華なので、昨今流行りのガツンとした料理をご所望の方には物足りないと思います。
50オヤジのための中華でございます。
龍口酒家

麺セットの麺は、日替わりの3種類から選べます。
この日は酸味の効いたあっさりのナスの汁なし麺をチョイス。
ちなみに麺が緑なのはクロレラを練り込んだ翡翠麺を使っているからで、麺類はこの翡翠麺がデフォルト。
半麺セットとは、その麺がハーフサイズでその代わりにサラダ(が多い)が付きます。

そして、そして、お客さん、聞いてちょうだい。
こちらのスッポンスープ。
これがもう絶品!
もちろん薄味なんですが、なんとも優しい奥深い味でやめられません。
是非お店に行ってくださいな。
ランチではこの大きさですが、「スープ大」でと注文すれば大きいサイズも出してくれます。もちろん料金は上乗せされますが。

と、ここまで書いたことろで申し訳ありませんが、実は…こちらの店の真骨頂は昼のランチではなく夜なんです。
こちらでは、夜にメニューがありません。
はじめに苦手な食材などを申告して、あとはマスターにおまかせというスタイル。
野菜類が多い印象で、お味も前述のとおりでかなりヘルシー。
お腹がそろそろかなとなったら、声をかけて〆にチャーハンか里麺を選んでオーダーストップ。
腹六分目くらいから、今後出てくる料理を確認してスルーする料理を決めながら食事するのがベスト。
はじめに予算を伝えて、その範囲内でというオーダーもO.K
で、〆はやはり里麺がグーッ。
翡翠麺にザーサイとチャーチューの細切りとごま油、豆板醤、醤油などのタレで和えたさっぱりピリ辛麺。
ランチで単品注文も可能で、スッポンスープた付いた里麺セットがおすすめ。
さて、夜の部も結構というかかなり食べ過ぎても、翌朝はいつも以上の空腹感を持って目覚めるという何とも体に優しい中華の名店です。
是非一度立ち寄ってみてくださいネ。
現場からは以上です。

関連記事

吉澤司法書士事務所(4430.info)

相続・贈与・売買・抵当権抹消など不動産登記

会社設立・本店移転・役員変更など会社の登記

遺言・成年後見人の選任など

笹塚駅徒歩4分「吉澤司法書士事務所(4430.info)」にお気軽にご相談ください。

吉澤司法書士事務所(4430.info)