柴にはおっさんが似合う

にほんブログ村 グルメブログ 食堂・社食・学食へ にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ

うちのクロいやつ、朝晩の散歩をかかさない。

早朝5時半と夜9時過ぎの散歩が、数少ない彼の生き甲斐だ。

晴れの日には、気分も爽やかに空を見上げて。

曇りの日には、涼しい顔してまっすぐ前を向き。

雨の日には、うつむき加減で雨粒を凌いで。

暑い夏には、大きく口を開けてよだれもダラダラ。

寒い冬には、白い息を追いかける。

早朝5時半、今の季節はまだまだ暗い。

闇夜に黒柴、ときどき、見失う。(ウソ)

休日は、外が明るくなってから散歩に連れ出す。

ご近所には、柴犬が結構多く生息していることがわかる。

その中にイイなと思うおじさんがいる。

赤柴連れのちょっと小太りの60歳くらい。

ごく普通の赤柴。

なんの変哲もないごく普通の引き綱。

作業着作業ズボンに長靴。

少々ガニマタで、ただただ散歩する。

何十年も柴犬と散歩しているような自然さ。

出会うと、いつも軽く会釈するのみ。

会話したことはない。

このおじさんはその柴犬との散歩を、柴犬との生活を愛している。

それが、なぜか伝わってくる。

ああ、そんなおっさんに私もなりたい。

 

 

関連記事